子ども食堂に…わくわくセット。

子ども食堂+認知症カフェ=共生カフェ

こんな地域活動の基盤も、はるの手しごとで。

介護保険事業にマイナスとなることはやってはいけないという指導のもと…

共生カフェをオープンさせるには、自力で資金集めをしなければならない!!

悩んだ末にたどり着いたのは、私たちらしく。

手しごとや、もったいない精神の活動を通して。


そこで、私も作ってみました。

わくわくセット(我が次男命名&inomata制作でしたが、私も参入♪)


a0316554_10462384.jpg

エコクラフトの♡型かご+キッズブレスレット+手織り布のくるみボタン

単品購入した場合の合計600円相当の雑貨たちに、駄菓子を少し。

かわいくラッピングして500円で販売致します。

ちょっとした手土産にもピッタリですが、PTAや町内会の子ども行事の景品などにもいか

がでしょうか?

小樽市内および札幌市手稲区、西区に限り、5000円以上お買い上げの場合、無料でお届

けいたします。

ただし、すべて手しごと…。

納品までにお時間をいただきたく、早めにご相談いただければ助かります。

子ども食堂+認知症カフェ=共生カフェ

実現のために、ご協賛のお気持ちで、お買い求めいただけましたら、幸いです。

お問い合わせは、このブログに、非公開コメントをいただけましたら、お返事させていた

だきます。


                             (ゆたに)

さをり織りが持つ自由さや寛容さ、
私たちが関わる福祉(子どもからお年寄りまで、そして普段は関心のない方まで)のクリエイティブな側面を、
たくさんの方に知っていただきたいと思い、ランキングに参加しています。
応援の1ポチお願いいたします!

ブログランキング・にほんブログ村へ














[PR]
Commented at 2017-06-11 14:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-06-11 14:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-06-11 15:37
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by otaru-haru | 2017-06-11 11:08 | さをり織り | Comments(3)

さをり織りが持つ自由さや寛容さと、福祉(子どもからお年寄りまで、そして普段は関心のない方まで)のクリエイティブな側面を知っていただけたら…

by otaru-haru