小さなもの作り。

私たちの法人が開設20周年を迎える今年。

これまでの福祉実践における、必然的なプロセスとして…

認知症カフェ&こども食堂をカタチにしたいと考えています。

しかし、それらは、公的な財政支援があるわけではなく、

(一部支援が始まりそうですが)

低額もしくは無料でご利用いただくという、なんとも無茶な仕組みであります。

つまり、「ご寄附」に頼るしかないということです。

私たちも、ご寄附を募りたいと考えていますが、それは、それは、大変心苦しいので…

自分たちでも、資金調達を…と考えており、知恵を絞りだす日々。


a0316554_08261525.jpg

駄菓子屋はるさんとのコラボ商品企画では…

カゴを作り、端布やレジンなどで、小さな、かわいいものを作って、

「わくわくセット」を作ろうか…と、商品開発の相談をしながら織る2人。


a0316554_08262610.jpg

inomata&我が次男。

このあと、訪れたお客様に商品説明の熱弁をふるい、

3700円のストールと100円のマグネットを3個売って、

得意げな次男。

イノシシ年の2人。

走り出したー!!(笑)


                           (ゆたに)



さをり織りが持つ自由さや寛容さ、
私たちが関わる福祉(子どもからお年寄りまで、そして普段は関心のない方まで)のクリエイティブな側面を、
たくさんの方に知っていただきたいと思い、ランキングに参加しています。
応援の1ポチお願いいたします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村









[PR]
by otaru-haru | 2017-05-07 08:44 | さをり | Comments(0)

さをり織りが持つ自由さや寛容さと、福祉(子どもからお年寄りまで、そして普段は関心のない方まで)のクリエイティブな側面を知っていただけたら…

by otaru-haru