<   2014年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

かわいい☆手織り布♪

す~ごくかわいい経糸。
宝石箱のイメージ♪
a0316554_10034148.jpg
横糸もかわいらしく、ふさふさもピンク♪
a0316554_10112983.jpg
かわいらしく、華やか♪
いろいろな織りを楽しむ♪♪
                          (ゆたに)









[PR]
by otaru-haru | 2014-07-31 10:18 | さをり | Comments(0)

こんなカタチもあると思う。
オレンジカフェ(認知症カフェ)は、建物や形式ではなく、理念である。と思う。
「ホスピスとは、建物ではなく、理念である」と同様に。

いつもは、あえて商店街へ。
しかし、昨日は赤岩の敷地内にて。
隣の赤岩保育所のこどもたち。
はるさんのおじいちゃん、おばあちゃんが準備した縁日にご招待♪
a0316554_16314288.jpg
金魚すくいやコマ回し、輪投げなど。
さて、何からまわろうかな~
a0316554_16320768.jpg
a0316554_16323075.jpg
a0316554_16325749.jpg
そして、さをり織りも忘れずに♪
a0316554_09582352.jpg
「つぎはボク~」
何かを創るってたのしいね♪

そして、午後からは、フラダンスの姫君たち♪♪
a0316554_16342059.jpg
なんと!わが次男の同級生たちではありませんか!
我が子のように写真を撮りまくりました。
a0316554_16350659.jpg
「かわいい!かわいい!」
盛り上がりました♪♪
姫君たちも、何かを感じてくれたかな?

行ったり来たりのアウトリーチ。
これが、はるのやり方。
                         (ゆたに)


















[PR]
by otaru-haru | 2014-07-30 09:59 | さをり | Comments(0)

はるの手しごと。
ニューフェイス 佐々木ヘルパーの作品。
先日いただいた端布で。
a0316554_08120422.jpg
黒にピンクのライン…この切り取り方もセンス♪
                             (ゆたに)











[PR]
by otaru-haru | 2014-07-29 08:18 | さをり | Comments(0)

はるの手しごと。
手編みではなく、手織り。
さをり織りは、何でも作れてしまう(と、思う)。
a0316554_08192111.jpg
近づくと…こんな感じ。
a0316554_08194078.jpg
横から見ると…
a0316554_08202081.jpg
カジュアルにも、フォーマルにも♪♪
                        (ゆたに)












[PR]
by otaru-haru | 2014-07-28 08:24 | さをり | Comments(0)

昨日は、大雨。
いや、今年一番の暴風雨。
参加をキャンセルする梯団も多い中、わが“はる”チームは、法被の下にカッパを着込んで踊ってきました!!!
靴の中は水浸し…雨が目に流れ込んで痛い…寒い…
見ている人もほとんどいない…
写真もない…
何のために踊っているのか…

でも、そんな悪天候の中、応援に来てくれていた人もたくさん♪
デイサービスの利用者さんたちは、いろいろなところで。
グループホームの入居者さんは、サンモール一番街のアーケードの下で。
「おれは、はるさんの応援団だぞ~」と叫んでいる男性も♪

オレンジカフェの影響もあり、特にサンモール一番街は身近な存在に♪
みなさん、ありがとうございました。

[PR]
by otaru-haru | 2014-07-27 07:50 | さをり | Comments(0)

昨日は、またひとりで、小樽サンモール一番街へ。
場所は、定位置になりつつある《信盛堂》さん前。
a0316554_07424332.jpg
平日のカフェも3回目になると、お会いするのが2回目!という方もちらほら。
そして、ずっと人がいるわけではないけれど、なんだかんだで40名以上の方が立ち寄ってくれました。
さをり織りに興味を持ってくださる方がほとんどでしたが、そこから施設のことや、ご家族のこと、ご自身のこれからのことなど…
a0316554_07512843.jpg
下のオレンジ部分は、昨日デイサービスの利用者さんが織ったもの。
とてもきれいに、ていねいに織られています。
そして、上の穴だらけの部分は、私がサンモール一番街で織ったもの。
通りかかる方たちからも、「おもしろーい」という声。
外国からの観光客の方々も、面白そうに…

さらに、小樽市内のソーシャルワーカー仲間のMさんとお嬢さん。
たまたま、お休みで通りかかったとのこと。
a0316554_07455298.jpg
4歳です♪
足は届かなかったけれど、大好きな黄色で3段織りました♪
《信盛堂》さんの奥様とポーズ☆☆
こどもを見たら、黙ってはいられません。
「もっと前にすわって♪」
「わぁ~じょうずね~」
さをりがつなぐ世代間。

地域はやっぱりすごい!

さて、今日は「おたる潮まつり」2日目♪
私たち、はるのスタッフも“ねりこみ”に参加します。
発寒では、施設の夏祭り♪
たくさんの出会いがありそうです♪♪

                                      (ゆたに)











[PR]
by otaru-haru | 2014-07-26 08:08 | さをり | Comments(0)

手織り布のシュシュ♪

はるの手しごと。
スタッフ太田の作品。
a0316554_09151334.jpg
レースを合わせて…
水色の手織り布が、さらに清楚な感じ。

こちらは、手織りの端布でヘアゴム。
a0316554_09154903.jpg
折り紙方式採用でお花のかたち♪
発想が広がる♪♪
すてき☆
                           (ゆたに)












[PR]
by otaru-haru | 2014-07-25 09:20 | さをり | Comments(0)

はるの手しごと。
ニューフェイス、ソーシャルワーカー菜花の手しごと。
あれもできない、これもできない。
いえ、ラミネートは得意かも!!
普段から、行事などで使ってますから!
a0316554_08032003.jpg
a0316554_08034214.jpg
創るたびに、腕をあげてます♪
私もほしい♪♪
                                  (ゆたに)















[PR]
by otaru-haru | 2014-07-24 08:10 | さをり | Comments(0)

今日の小樽は朝から、雨。
今は止んだけれど、どんよりとした空。
a0316554_08360844.jpg
湿度も高く、気分もどんより。
昨日、ここ数年で最大の憤りを感じることがあった。
組織の中では、女性であっても、責任ある立場を任される。
しかし、社会の中では、甘く見られるらしい。
それも、周囲に言われてやっと気づく鈍感さ。
最近の国の政策の中で、ずっと引っかかっていた言葉を思い出した。
「女性の活用」
活用って何?
男社会の言葉…センスないな~と。

さて、そんなことを考えながら、出社。
a0316554_08364279.jpg
きれいな紫陽花に、心が洗われる♪
a0316554_08371374.jpg
a0316554_08374207.jpg
a0316554_08382091.jpg
4年前から、少しずつ増やしていった。
だから、色々な種類の紫陽花が…
色鮮やかな紫陽花たちに、“さをり織り”の心が動く。
紫陽花を織ってみよう!

a0316554_08390679.jpg
デコがまぐちシリーズも順調♪♪
                             (ゆたに)


















[PR]
by otaru-haru | 2014-07-23 08:52 | さをり | Comments(0)

お久しぶりの、はっさむからのブログです。
はっさむでも、大作完成です!

デイサービスに週5日通うS様。
さをり織が大好きで、大好きで、毎日デイサービスに来るのが楽しみで仕方ないと嬉しいお言葉を頂いております。

S様、今までもストールは何枚か作成していますが、今回は30センチで3メートルの大作に挑戦。
色も途中で替える技も習得です。

私たち職員は糸を巻くのをお手伝いするだけで、全てお一人で織り、あっと言う間の4日で完成です。

いかがですか~この端の処理の綺麗な事。
職員よりも綺麗な完璧な職人技!!!

a0316554_1516364.jpg


長いので、二重巻にもできるのです。
控えめなS様、お顔出しは恥ずかしいようです。

a0316554_15202066.jpg


また、次回の作品をお楽しみに~!


                                        はっさむ:藤原
[PR]
by otaru-haru | 2014-07-22 15:22 | さをり | Comments(0)

さをり織りが持つ自由さや寛容さと、福祉(子どもからお年寄りまで、そして普段は関心のない方まで)のクリエイティブな側面を知っていただけたら…

by otaru-haru