“さをり”のお仕立て ~ その6

はるの手しごと。
先日、手芸男子のたなか君に先を越されてしまいましたが・・・
人生“初”のがま口を作ってみました。
a0316554_9301954.jpg
a0316554_9303576.jpg

縫い物が苦手で、初めてのがま口なのに、なぜ、まち付?
それは、口金に付いていた型紙がそうだったから・・・
型紙通りのはずなのに・・・
説明書通りに印をつけたはずなのに・・・
左右非対称、前後非対称に縫いあがった“さをり”布に焦りましたが、得意のごまかしテクで、なんとか仕上げました。
さすが、“さをり”布!
すべての問題を吸収して、多少の傾きも、ぷっくりとした“カワイイ”形に見えます。
完成したがま口を見た、6歳の次男。
「ボクの?おこづかい(35円)いれるのにいいね!」と。
「これは、はるさんに持っていくの~」
「ブ~!」
まずは、たくさん作って上手にならなければ・・・

はるの手しごと。
まだまだ続きます。
                                             (ゆたに)
[PR]
by otaru-haru | 2014-02-10 09:40 | さをり織り

さをり織りが持つ自由さや寛容さと、福祉(子どもからお年寄りまで、そして普段は関心のない方まで)のクリエイティブな側面を知っていただけたら…

by otaru-haru