第6回暖(はる)カフェ(札幌市認証認知症カフェ)のご報告

更新しようと思いつつ早1ヵ月(^^;
7月1日に、はっさむはるにて第6回暖カフェ(札幌市認証認知症カフェ)が行われました。
今回は、認知症と治療薬についての講話、フルート&ピアノユニット「ベルタ・ルーチェ」様の演奏会、
毎度おなじみの「はる劇団」による認知症を題材にした寸劇、そしてエコロコ!やまべぇ誰でも体操という構成でした。

認知症と治療薬については、なの花薬局発寒店の管理薬剤師の方に、興味深いお話を丁寧に分かりやすく講話をして頂きました。
薬の基礎知識(正しい飲み方や服用時間、飲み忘れた時、薬が効く仕組み等)は大変ためになり、
参加者の皆様も真剣に耳を傾けておられたことが印象的でした。
a0316554_11423210.jpg
a0316554_11430769.jpg
そして初めての試みの音楽会は、フルートとピアノの演奏に合せ参加者の皆様と歌を唄いました。
大変盛り上がり楽しいひと時を過ごせ、終了後のアンケートにも毎回ミニ音楽会をやって欲しいというコメントも多数頂きました。
次回も乞うご期待?です(^^♪
a0316554_11442062.jpg
a0316554_11461556.jpg

はる劇団による寸劇の今回の題材は、お風呂に入りたがらないお婆ちゃんに、
どのようなアプローチをしたら気持ちよく入っていただけるか?という内容で、
美人過ぎる(?笑)ヘルパーさんの奮闘により、半年ぶりに入浴ができた!という劇でした。
今回も笑いの中にも、皆さんに認知症の方について少しは理解して頂けたなら幸いです。
a0316554_11472002.jpg

回数を重ねるにつれ、暖カフェの存在も地域の方に認識をして頂くようになり、今回は45名という参加者で行われました。
知らずに悩みを抱えている方もまだまだたくさんいると思いますので、
地域の皆様が、認知症含めなにか困ったことがあれば「はっさむはる」に行けば良いんだ!という存在になるよう今後も発信を続けていきたいです。


(はっさむはる暖カフェ委員:ふじわら)



さをり織りが持つ自由さや寛容さ、
私たちが関わる福祉(子どもからお年寄りまで、そして普段は関心のない方まで)のクリエイティブな側面を、
たくさんの方に知っていただきたいと思い、ランキングに参加しています。
応援の1ポチお願いいたします!

ブログランキング・にほんブログ村へ





[PR]
by otaru-haru | 2017-08-02 08:30 | その他

さをり織りが持つ自由さや寛容さと、福祉(子どもからお年寄りまで、そして普段は関心のない方まで)のクリエイティブな側面を知っていただけたら…